FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

練習のお供

普段ギターを弾くときは、
出来るだけ何らかのリズムに合わせて行っている。

以前はメトロノームにあわせてよく練習したものだが、
最近はCubaseを立ち上げ、リズム系のVSTiを使うことが多い。

リズム系のプラグインはいくつか使用しているが、
作曲、レコーディング、練習など
その用途によって使い分けることが多い。

そんな中、普段のリラックスした練習で最近よく使うのが・・・

SpectrasonicsのStylus RMX。

090103stylus.jpg


厳密には拡張音源も抱き合わせでお得だった、

Stylus RMX Xpanded

を使用している。

何がいいって、

●音がいい
●使いやすい
●比較的軽い
●応用が利く
●ジャンルの守備範囲が広い
●REXファイルのインポートで音ネタは無限大
●等々

挙げだすときりが無い。

自分でリズムをプログラムする場合のメリットも多々あるが、
コイツを使うと、
自分ではまず思いつかないようなフレーズが飛び出してくる。
また、それらをランダムに変化をつけたり、
後から自分好みのフレーズに組み替えたりと、
したいと思うことは、大概できる。
まあ、人間離れした結果になることもあるので、
使用スタイルによっては使えないこともあるが、
そこら辺は、レコーディングなどでは割り切って、
適材適所で使用している。

最近、ズボラさが顕著な自分
にぴったりはまっている。

あと、後日機会があれば紹介したいが、
SpectrasonicsのOmnisphereとのグルーヴ連携がすばらしく、
この組み合わせは、
快感に近いものがある。

まあ、同じ練習でも、
楽しんでできることを最優先にしているので、
このようなプラグインは本当にありがたい。


テキトーにパターンを選んで、
テキトーにアドリブで弾いていると、
「お、これはオリジナルにいいぞ」
と思える、リフやコードワーク、
はたまたメロディーライン、ソロフレーズ
などが結構な頻度で出てくる。

しかし、現実はこうである・・・。

一通り気持ちよーく弾いた後、
「今のなかなかよかったのでオリジナルにしていこう!」
と意気込んで、
いざRECボタンをクリック。

「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・」
覚えていない。

こういうことがこれまでに何百回、いや何千回あったことだろう。

記憶力を高めるか、
学習能力を高めるか・・・・・。

う~ん。
どちらも難しそうだ。
スポンサーサイト
コメント

No title

明日ご自宅に伺います。
SpectrasonicsのOmnisphereとのグルーヴ連携、どんな感じなのか楽しみにしています。

今年もよろしくお願いします。
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。