スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

切れ

今日は
とある曲のギター入れを行った。

今回意識したのは
切れ。

切れと言っても
「ぶち切れ」
とは異なることは強調したい。

ブチキレて
白目むいて
絶叫しながら
ギターを録音しても
まあ
ろくなテイクにはならないだろう。

いや、
意外と
怒り(?)に満ち溢れた
ヤバイフレーズが飛び出すかも。

っと言っても
今日の曲は
POP~ロックのイメージなので
怒る必要は無いし、
別に
怒りが溢れ出てはいないし・・・・・。


何のことかよくわからなくなってしまったが、

そうそう

切れ。

ここで言いたかったのは
歯切れの良いギター。

カッティングは多用するが、
クリーンでファンキーに弾くとき、
クランチでブラッシングを交えてざくっと弾くとき、
ワウやフェイザーを使ったり、
等々。

今日のは
若干歪ませたオールドマーシャルに
軽くオーバードライブをかまして、
マイクはクジラ。
それに
ストラトのリアPU
というセッティング。

私の場合、
クリーンのカッティングのときは
ストラトではだいたい
フロントかハーフトーン(F+C)
ですることがほとんど。

最近は、
クランチ+ストラトのリアPU、
ブラッシング時に
意図的に
「カンピン」言わせることが多い。

歯切れを意識してコレやると
結構心地良い。
スポンサーサイト

最近のお気に入り その1

いくつかアンシュミを使っているが、
amplitubeシリーズもその一つであるということを
以前にも書いたと思う。

その中で
最近気に入って良く使っているのが
コレ

fuzz.jpg

fuzz。

かなり
マニアックな話題ではあるが、
まあ、
お許しいただきたい。

Roger Mayer™ Classic fuzz
を参考機種としているらしい。

正直な話、
fuzzの実機は所有していない。

お店で
何度か弾いてみたくらいである。
しかも10年以上前。

本物を知らんので
偉そうにはとても語れないのだが、
これ、
かなり味わい深い音がする(注:個人的感想)。
他にもいろいろfuzzはあるが、
これが一番好き(注:個人的感想)。

若干クランチ気味のアンプセッティングに
コイツをつないで
コイツのゲインを12時くらいにして、
ストラトのフロントPUで
泥くさ~いソロを弾くと、
かなり、
ストレス発散できる。

コンボのアンプでも
マーシャル系でも、
どっちも美味しい。

いやホント
細かいところのネタで
恐縮です。

そりゃ無いだろう

仕事一区切りついて、
さあ帰ろう!!!

って
意気込んで外に出たとたん

ぞぞあ~~~!!!

超集中豪雨。
「・・・・・・・・・・」
ここは
ジャングルか?
と言いたいくらいすごい雨
と風。

外に出たとたん
「豪雨スタート!」
って感じで
どこかの司会者が言っていそうな情景。

まあ、
これで
水不足が少しでも改善するなら、
ずぶ濡れも本望か・・・

っと、
思うのである。

いったいどこまでいくんだろう

突然だが、
私は
電気派ではなく
T字派である。

何のことか
さっぱりわからん場合は
申し訳ございません。

いや、
ひげそりの件で。

比較的
伸びる速度・量ともに
遅め・控えめではあるが、
一応ほぼ毎日そる。

で、
先述の
T字。

定期的に使うようになったのは
20歳くらいからではあるが、
確かその当時、
男の2枚刃
とか言って
TVなどで強烈に訴求されていた。

もちろん
それにつられて
男の2枚刃
を使っていた。

それから数年して、
横滑りしても
流血しない
という画期的なヤツが出て、
もちろんそれにつられて
流血しないヤツ
を使っていた。

それから数年して、
時代は3枚刃!
というのが現れて
もちろんそれにつられて
時代に則って3枚刃
を使っていた。

それから数年。
今手にしてるのは・・・・・
4枚刃2

これ。
4枚刃。

「男の」とか「時代の」とか
そういう括りではなく、
QUATTRO4
しかも
TITANIUM(チタニウム)
である。

なんか
すごい事態になってきている、
と思うのは
私だけか?

ホント
どこまで行くんだろう。
この業界。

でも、
実際使ってみたら
3枚より良いのである。
マジで。

この結果からすれば
10年後には
10枚刃あたりを
うれしそうに
使っているような気がする。

絵的には
あまり賢そうではないが・・・・。

飲んじまった

平日

なのに

飲んでしまった。

明日も、

平日なのに

飲んでしまった。

結構な酒量・・・・・。


まあ、
楽しく飲めて
ストレス発散できたので
良しとしよう。

っと
思っているのは
今だけで、
明朝ベッドから這い出るのは
地獄なんだろうなあ・・・・・(涙)

まあ、
こういう日もあるということで。

風邪か?

土曜日から、
頭痛・鼻水・のどの痛み等々
ホンマ
調子悪い。

しかし、
仕事は待ってはくれない。

今の時期、
病院へ行って
風邪の症状を訴えたら、
熱は無いので
即隔離は無いにしても、
過剰反応されそうで
行きたくない。

こういう人、
全国にたくさんいると思うが・・・。

まあ、
一時の
新型インフルエンザに対する
過剰反応ともいえる状況は
いくらか収まっているようにも思うが。

いずれにせよ、
体調管理も仕事のうち
と言われるように、
もう少し
生活習慣に配慮し、
心身ともに健全な
大人になろう。



っと思うのは
ホンノ5分くらいで、
やっぱり、
ビールでも飲んで
テンションあげて、
全開でギター弾いたら
スカッとして
体調不良など吹き飛ぶぜ!!!

というモードに入ってしまう
自分が
とても
情けない・・・。

心のこもった一言

今日、
一緒に仕事した仲間で、
「ありがとうございます」
がホント心地いい人がいた。

よく使う一言だが、
よく使われる一言だけに
使い手によって
そのクオリティーに差が出た際の
相手に与えるインパクトは大きい。

う~ん。
いくつになっても
人付き合いから得られるものは大きい・・・。

もっと、
人間を磨きたいと思った次第である。

鍵を発見!

以前から、
便通に難あり
ということは
この場で何度も
申し上げてきた。

その対処法も
いくつか述べてきた。

まずこれ。

P1000022.jpg

400億個の
がんばり。

で、
次がこれ。

直腸ダイレクト

直腸ダイレクト。

しかし、
日々の過剰なストレスや
滑り台に行く時間が確保できない状況が続き、
格闘する日々・・・・。

そして、
辿り着いたのが
コイツ。

バ

これ、
今のところ、
打率10割。

これが、
鋼鉄の扉を開く
鍵だった。

と思っている
今日この頃で、
来週ぐらいには、
また何か
新しいアイテムを
述べている気もするが・・・。

これ気になってる

最近は、
前にも書いたように、
簡単なレコーディングでは
amplitubeやguitar rigなどの
アンシュミ系を使うことが多いのだが、
実は、
個人的に
不便を感じていたのが、
ワウ
なのである。

実際のアンプで弾く時は
実は、
結構、
ワウのヘビーユーザーだったりする。

カッティングでファンクをやるときは
かなりの高頻度で。

HMでソロの早弾きするときなんかも、
表情付けに使うこともしばしば。

しかし、
オーディオIF(FireFace)の前に
ワウをはさんでやってみたが、
これは論外・・・。
入力のバランスなど取れるわけもなく、
音も酷いもんである。

MIDI制御で
タイムリーにコントロールすることも出来なくは無いが、
なにぶん、
面倒そう。

で、
これ。

StealthPedal.jpg

オーディIFとしては
あまり心躍らないが、
レコーディングの際に、
タイムリーに操作したワウの動きを記録できる
ってところが魅力。

こんなのもあったが・・・
StompIO.jpg
ここまで
ごついのは必要性を感じていなかった。


発売が楽しみな一品である。

しかし、
ホンマ
欲しいものがありすぎて、
困る・・・・・。

光開通!

やっと光回線が開通した。

といっても、
NTTフレッツ光ではなく、
CATVの光。

前にも書いたが、
これまでのADSLで
下りの速度は特に問題なし。

しかし、
上りの速度(安定)で難ありだった。

で、
光の速度を体験してみたわけだが、
下りは、
通常のネット閲覧では
それほど体感できるものでもない。

しかし、
上りの確認をしてみたら、
ばっちり体感できるレベル。

というより、
音楽製作に十分使えるレベル。

Waveファイルをアップロードすることが多いのだが、
これまで、
50MB以上のファイルが
正常に上ったことは無かった。

これが、
200MB以上のWaveファイルでも
楽勝で飛び立っていった。

すばらしい。

まあ、
一般的に、
巨大なファイルをアップロードすることはあまり無いと思うが、
音楽関係など
頻繁に行う者にとって、
これはイイ。

でも、
いつかこの速度にも慣れてしまうんだろうなあ。

cubaseのプロジェクトが
32Bitの192kHz等々
が当たり前の作業環境になってしまうと、
やっぱ、
おせ~!!!
って言ってるような気がする。

来るべき時に備えて、
やっぱ、
ハト
育てておくか。
ブルーレイディスク(50GB)を
足にぶら下げて
安定飛行する
タフなヤツを・・・・・・。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。