スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

奥歯粉砕

上の奥歯が粉砕した。

以前から虫歯があることは承知していたが、
いとも簡単に、
奥歯の約2/3を消失した。

仕事でヘロヘロになった自分へのご褒美として、
コンビニで「単品から揚げ」を購入。
うれしそうに、
ビール一口、
から揚げ一口、
ビール一口、
から揚げ一口、
ビール一口、
から揚げ・・・・・
「ガギャッ!!!」
ものすごい音と衝撃が口内を駆け巡った。

から揚げの中に何か入っていたのかと思い、
あわてて吐き出した。
原因究明のため内容を確認したら、
白いエナメル質の塊が3個程度・・・・。
虫歯の痕跡も目視確認でき、
この時点でやっと、
自分の歯であることを冷静に認識。

恐る恐る
どこが壊れたのか舌で確認すると、
一番メインで使用する奥歯であることが判明し、
一気に酔いがさめた。

早く治療に行かなければならないのだが、
なかなか時間が確保できず、
痛みが無いことを理由に、
放置状態。

痛くなる前に、
早急に治療に行こうと思うが、
性格上、
はたしていつになることやら。



ひとつ
試してみようと思うことがある。

先述の粉砕した
「歯のかけら」。
上の歯なので、
家の縁の下に投げてみようかと。
「健康な歯が生えてくるかな?」っと。

んなわけないか。
でも、
せっかく思いついたので、
ゴミ箱に捨てるのもなんだし、
そっと縁の下に投げとこう。
スポンサーサイト

破れ

このような経験、
おありの方は結構多いはず。

仕事で結構頻繁に着用するスーツのひとつで、
まあまあお気に入り、
というか、
しわも入りにくく、
デザインも気に入っていたものがある。

先日、
ルーチンでこのスーツを着る順番となったとき、
クリーニング行きかどうかを判別するために、
しわの入り具合などをチェックしていた。

ポケットの中身や
ボタンの状態などを順番に確認していって、
いざお尻の部分に差し掛かったとき、
なんと、
破れているではないか!(患部1.5cm程度)

・・・・・・・・・・・
とっさに色々なことが頭をよぎった。

「いつから破れてたんか?」
「最近どんな局面で着用したのか?」
誰からも指摘されなかったが、
気づかれていなかったのか、
哀れで知ってて言えなかったのか・・・・
等々。

かすかな期待を込めて、
その部分に黒い裏地があることを確認してみたが、
非情にも、
ノー裏地地帯であった。

患部に裏から指をあてがうと、
見事に破れ目から指先の肌色がくっきりこんにちわ。

下に黒以外のものを着ていたら、
間違いなくこんにちわ
していたはず。

運行前点検ではないが、
着用前点検の重要性を痛感した出来事であった。

皆さんも、
自分自身のアイテムを厳重チェックすることはもちろん、
もし、
そのような哀れな人を見つけたら
そっと教えてあげるやさしさを持ちましょう。

私は、
お尻の敗れている人に、
そっと事実を教えてあげられる。
そのようなやさしさを持った人間でありたい。

91歳

今日、
91歳のおばあちゃんと話をした。

会話をやり取りしていると
とてもシャキシャキしてて
キャッチボールもかなりスムーズ。

せいぜい80歳くらいだろうと思っていたが、
年齢を確認してみてびっくり。

道路を横断して帰るというので
安全に渡れるように一緒に道路に出たら、
「道路の横断くらい一人で出来る。」
「手助けせずに一人で渡らせてちょうだい。」
とのこと。
しかし、かなり交通量の多い通りなので、
いつでも飛び出せるように待機していた。

しばらく待ってると、
車の流れが若干途切れた。
しかし、
ちょっと向こうからは次の車が接近中。
また次の機会を待とうと思っていた矢先・・・

タカタカタカタカ

おばあちゃん、
走って横断完了。

目を疑いたくなるほど
軽快な足さばき(手押し車さばき?)である。

おばあちゃん、
おもむろに振り返って、
目が点になっている私に
手を振る余裕。

ホント
お見事って感じ。

91歳になった自分を想像すると、
今日のおばあちゃんのような動きは
到底、考えられない。
って言うか、
今の生活習慣からして、
生きている可能性は低いかも・・・・。

まあ、今日のおばあちゃんからは
色々と学ばせてもらった。

このおばあちゃんに
iPodでも渡したら、
マジで使いこなせそうな気がする。
ロックやヘビメタを入れたものを渡したら
どう消化(解釈)するのか、
若造として大変興味深いものである。

通信速度

我が製作現場には
当然ネット環境を整えている。

かれこれ3年ほど前に構築したのだが
当時の選択肢はADSLのみだったため
「通信速度の保障は出来ません」
というのを前提で契約した。

しかし、
これが意外と、
下りで9~10Mの速度が出たため、
まったく不満なく
これまで使用してきた。

確かに、
日常生活も含めた通常のインターネットでは
これくらいの下りの速度が出れば
それほどストレスを感じることは無かった。

ところが、
最近、
音楽製作に関して、
比較的大きなサイズのWaveデータを
アップロードすることが増えてきたのだが、
ファイル転送サービスを使用してのやり取りにおいて、
非常にストレスフルな状況におかれている。

楽曲製作でのやり取りで、
DLに関しては
容量が大きくてもまったく問題なく出来るが、
ことこちらからのアップロードに関しては、
ホント、
どうにもならん・・・・。

150Mくらいのデータを送信しようとしても
いくら待っても完了せず、
たちの悪いことに、
アップロードに失敗したとも、
成功したとも、
わからん状態で
延々待ち時間が過ぎていく。

「無理なら無理って言ってよ」
と言いたいが、
相手は、
ファイル転送サービスの
プログラムなので、
ひたすら仕事してるだけ。

あきらめるタイミングが
ホント、難しい。

いろんな転送サービスを
何個か試してみたが、
結局、
どれも結果は同じ。

ちょっと調べてみると、
どうも、
ADSLは
下りは良いが、
上りは相当弱いということだった。

どうにもならないようなので、
データの受け渡し方法を
あれこれ考えてみた。

●メディア(CDやDVDなど)に焼いて郵送
→タイムラグがある
→郵送料がかかる
→セキュリティーが不安
→面倒くさい
→却下

●USBメモリに入れて郵送
→タイムラグがある
→郵送料がかかる
→安くなったとはいえ紛失時のコストロス
→却下

●メディアにデータを入れて鳩にお願いする
→鳩の飼育・調教に不安がある
→鳩に裏切られる可能性が否定できない
→タイムラグが読めない
→航続距離も読めない
→却下


結局、
上りに強い
光回線を検討するしかないか・・・・。

しかし、
NTTの光はまだ対象外なので、
CATVの光で検討するしかなさそう。
テレビはまったくといっていいほど見ないので、
ネットのみのコースにするか・・・・。
でも、
せっかくならテレビも申し込もうか・・・・。

また、
悩みの種が増えてしまった。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。