スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

生存確認

生きてますよ~!

まあ、何とかって感じだが。

「心を亡くす」で
「忙しい」
と言われているが、
まさしくその通りな気がする。

ある尊敬している著者の本で、
「忙しい」
と口にするのは、
「私は処理能力が乏しいのです。」
と宣言しているのと等しい
ということだった。

それを読んで以来、
「忙しい」
を封印していたが、
いや~、
最近の状況はまさしく、
心を亡くしそうだった。

しかし、
先日の
wave of rock
で、
かなり元気が出た!

やはり
「音楽はありがたいねえ・・・」
と、しみじみ感じてる
今日この頃。
スポンサーサイト

回転椅子

ご存知の方も多いと思うが、
我が製作現場には
ちょっと偉そうな椅子がある。

以前、
飛行機内の通販誌に書かれていた
「出来る男よ、椅子にこだわれ!」
というキャッチコピーが心に響いた。
もちろん、
その下には
20万円くらいのすごい椅子が掲載されていた。
ロボットに変形しそうなヤツ。

なるほど、
と思いながらも
当然そんな高いのは買えるわけもなく、
それ以降、
家具屋やホームセンターなどに行くたびに
椅子を見る習慣がついた。
そんなある日、
ホーム○ポで
「通常80000円の品が在庫限り19800円!」
というPOPに目を引かれ
購入してしまったのが
今座っている椅子である。

自分で組み立てるようになってて、
かなり不親切な説明書により
組み立てに苦労したのを覚えている。

当初は肘掛があったが
ギターを弾く者には
これほど邪魔なものはなく
あっさり廃棄。

見た目にはでかく
メッシュで快適そうだが、
やはり値段なりのもの。

そう、
長時間の作業では
腰が痛くなる。
いろんな箇所からの
複合的な要因だと思われるが、
とにかく、
腰が痛くなる。

もう一点問題が。

背もたれが高い割には
車輪のついた足の部分が小さい。

これが何で問題なのかというと、
普段の作業時には
この点では不都合はないのだが、
「くつろぎモード」
という、
とても行儀の悪い態勢のときに
頻繁に大変なことになってしまう。

「くつろぎモード」とは・・・・・

椅子をめいっぱいリクライニングさせ、
足を机の上に上げ放った状態を指す。
(辞書には載っていません)

先述の通り、
背もたれが高く、足の面積が小さいため、
いとも簡単に・・・
後ろにガシャーン!!!
まるでコントのように。
コケル。

毎日ではないが、
1週間に2~3回は背面ダイブしてる。

さすがに何年もダイブしていると
バランス感覚がかなり身について
やばい境界点(臨界点)に達すると
ほぼ条件反射的に態勢を戻せるようになったが、
まだまだ完全に掌握しきれていない。

周りの機材に被害を出さずに
うまくコケルには
かなりのテクニックが必要である。
そう、
下手に抵抗せずに素直に重力に身を任せることがポイント。

結論は、
長時間作業しても腰が痛くなく、
くつろぎモードでも
ダイブの危険性が無い椅子・・・
こんなのにめぐり合いたい。

デモ確認

やはり、デモでいじってしまった。

AmpliTube Fender。

AmpliTube Fender

時間無かったので、
一通りのプリセットを流してみたんだけど、
コイツ、
かなりいいかも!

あくまで、個人的な感想であるが、
とにかく
弾いてて気持ちいい!

何が良かったって、
クリーントーンで
これほど奥深く艶やかさの変化を楽しめたのは
ホント久しぶり。
アンシュミプラグインで、
これほどピッキング強弱によるニュアンス変化を楽しめるのは
そうそう無かっただけに、
個人的にはかなりハマッタ。
ちなみにIFはRMEのFIREFACE400。

先日導入したストラトの魅力が
一気に向上した感じ。

まあ、デモなので、
10日間したら定期的にノイズが乗ってしまうようになっているが、
これはIKのソフトではいつものことなので、
限られた時間ではあるが、
もっともっと魅力を探ってみたい。

国内発売までテンションを維持しておこう。

AmpliTube X-GEAR

AmpliTube X-GEARのアップデートが出たので
今から実施する(予定)。

090313AmpliTube x


来るべきAmpliTubeFenderに備えて
その下準備。

AmpliTubeFenderの国内発売は
もうしばらくかかるようなので、
デモ版をDLして
ちょっといじってみよう(予定)。

すご~く楽しみにしているのだが、
ここ数日の疲労とどちらが優勢かによって
週末の確認実施が決まりそう。

なんか「予定」ばっかで恐縮だが、
まあ、性格上近いうちにチェックしていることは
間違いないだろう。

今日はビール飲んで
ゆっくり充電しよう。
しかしHeavyな1週間だった・・・。

オクターブチューニング

久しぶりに携帯電話から画像を取り込もうとしたが、
これまでと同様の接続にもかかわらず、
一向につながらず、
ガッツが底をつきかけていたが、
何とか気合で原因究明に取り組み、
いつの間にか携帯側の設定が変わっていたため、
接続できなかったことが判明した。
いつの間に設定が変わったのだろう?

何とか復旧して一安心。
っと言っても、
どうせたいした画像は拾ってこないのだが・・・。


先日、
戦友として長い付き合いである
JACKSON SOLOIST CUSTOM
の弦の種類を変更した。

P1000088.jpg


ゲージは変わらないのだが、
銘柄が変わったことによって、
やはり、オクターブが狂ってしまった。
まあ、競技車両のタイヤ交換でも、
新しい物や銘柄変更をすると
アライメントが狂ってしまうのと同じこと(と勝手に思っている)。

アライメント調整と比べると
コストはかからないのだが、
今回ばかりは、
ストレスがかかった。

なんせ、
15年がんばっているギターなので、
色々なところが、
疲れているのである。

オクターブ調整を時間かけてやって、
機嫌良く弾きまくっていたら、
10分位したときか、
いきなり3弦が
ゴトーン!
という衝撃とともにゆるゆるになった。

サドルを固定するネジが
ちょっとバカになっていたため、
チョーキング一発で5ミリ以上前進してきたのである。

気を取り直して、
オクターブ調整をしても
かっちりと固定できないため、
すぐに、
ゴトーン!

う~ん、困った。
取り急ぎ、
2個穴のうち
かなり無理はあるが、
もうひとつの穴で固定して
急場しのぎをしている。

適切な対応が急務である。
しかし、ネジ側でなく、
受け側なので、
どの程度の手間とコストがかかるのかが
まったく予想が立たない。

しかし、
新しい銘柄の弦はなかなか良さそう。
半月位してから、
またレビューしてみたい。

また真冬・・・

せっかく暖かくなってきたのに
また急に寒くなって、
テンションあがらず・・・。

外から帰宅しても
手が凍えて
ギターはすぐに弾けず。

まあ、また湯であっためて
気合入れようっと。

今日こそは
STYLUS RMXをアップデートしよう。

トラブルが起きないことを祈りつつ。

まだだった

ここ最近でもっとも期待している
STYLUS RMX
のアップデート。

090103stylus.jpg


現時点では
まだだった・・・・。

がっくし。

まあ、明日のお楽しみかな?

でも、アップデートしてしまったら、
夜更かししてしまうんだろうなあ。

週末まで我慢するかどうか。
要検討だな、コレは。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。