スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Genius

iTunes。

音楽を聴くときはいつもこれを起動する。
いまや生活とは切っても切れない関係である。

従来のCDをCDプレーヤーで聞くことはかなり減った。
ミックスするときに確認のために「圧縮していない音のモード」
に耳を持っていくときに使うくらい。

普段から圧縮した音に耳が慣れてしまうのはいかがなものかと思うが、
いかんせん便利なのだ。
圧縮レートをデフォルトよりも高めにはしているが・・・。

ライブラリーはすでに40Gを超えており、
膨大な数の曲が入っている。

これらをいちいちCDラックから・・・
①探して
②CDプレーヤーにセットして
(我が家のプレーヤーはCDの上に文鎮みたいなおもりを乗せないといけない)
③リモコンを探して(たいがいどこかに隠れている)
④再生ボタンを押す。
⑤他のCDの曲を聞きたいときは最初からやり直し

上記の手間から比べると本当に楽チンなのだ。

まあ、話の中心は圧縮関連や手間のことではなく、
最近iTunesに搭載された機能。

「Genius」

これは自分で曲を選んで聞いているときに、
なんとなくフィーリングの合いそうな曲を
ライブラリから探してくれて
リスト化してくれるという機能。
ボタンひとつで。

この機能が搭載されたすぐは、
機能の説明を読んでも
「あっそ」
ってな感じでピンとこず、全く使っていなかった。

しかし、使ってみると、これがなかなか楽しい。

今まで聞いていなかった曲や本当に懐かしい曲なんかが選ばれるときも多々あって、

そうくるか!

って言うこともあって、
HDに眠っていた曲が生き返ることも頻繁にある。

最近はまってる。

ipodとの連携も考えると、なかなかよく出来た機能だと思う。

レートなどもまめに登録していけばいいのだが、
なにぶん
めんどくさがり
な性分で・・・

自分の頭の中にもこんな便利機能があればいいのになあ

って思う今日この頃。
スポンサーサイト

RED WARRIORS やはりいい

iTunes store からDL購入してしまった。

RED WARRIORSのKING'S。

kings.jpg

昔このアルバムを持っていたが、いつの間にか行方不明になってずいぶん久しい。

ふとRED WARRIORSを聞きたくなって、
iTunesライブラリの他のアルバムを聞いていたが、
このアルバムが無かったことを思い出した。

music storeで探してみると・・・あった。

とにかく、いろんな音楽を聴くが、
こういった懐かしいアルバムを聞くと、
録音技術やギターのテクニックやそういうことより、
そのときの情景がよみがえることが一番価値があるように思う。

しかし、RED WARRIORSのギター木暮武彦・・・
このキレのよいギターは最高である。
早さとかそういう点ではなく、
ブラッシングのタイミングなどが本当に心地よい。

シングルコイルのリアPU+マーシャルのクランチ・・・
本人のセッティングはよく知らないが、
おそらくこの組み合わせで近いと思う。

早速、Amplitubeで音作ってみよう。
こういう刺激を受けたときに動いておこう。

ちなみに前回DLしたのは山崎まさよし。
CDからインポートしたのはAirbourne、Apocalyptica等々。

ホント、一貫性が無い。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。